【足元からシンプルに】雪国住まいの30代ミニマリスト志望男の靴は5足のみ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

だすけ

どうも、だすけ(@dasuke_182)です。

ミニマリストの持ち物で気になるものと言えば、洋服やカバンの中身、インテリアと色々あるかと思いますが、『』も当然気になるのではないでしょうか?

  • 仕事用でスーツに合わせ革靴を持たなければいけない
  • 思いっきりファッションを楽しみたい

当たり前ですが、靴の所有数の最適解は人それぞれ、無理に減らして生活に支障が出るのは本末転倒です。

ということで本記事では、雪国に住む30代ミニマリスト志望男が、

  • 実際に愛用している靴5足
  • 少ない靴で暮らすコツや靴選びのポイントは?

を紹介します。

目次

30代ミニマリスト志望男の所有する靴は5足

愛用している靴
  • 通勤・休日】THE NORTH FACE サンダル
  • 【休日】NEW BALANCE ML574
  • 【休日・冬用】THE NORTH FACE ヌプシ チャッカ
  • 【冠婚葬祭】革靴(メーカー不明)
  • 【ジム用】NIKE METOCON 9(買い換えたため2024年4月15日追記しました)
だすけ

靴の選び方や数は、自身の生活スタイルや住む場所によって変わってくると思います。
筆者のスペックはこちら↓

  • 会社員(屋外作業)
  • 職場では安全靴(※今回はカウントしません)
  • 雪の降る地域に住んでいる

それでは順番に紹介していきますね。

【通勤・休日】THE NORTH FACE サンダル

最初に紹介するのはTHE NORTH FACEのサンダル。

気になる人

…いきなりサンダルですか?

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、自分にとってサンダルはスニーカーより必須です(笑)

と言うのも、スニーカーを履き続けて足が蒸れてしまうのが苦手なんですよね。

それに気軽に履けますし。

ワンマイルと言うより、日常のほとんどがサンダルと言って良いくらいです。

雨の日や(雪国なので)積雪のあった日にはさすがに履きませんが、基本的に年中サンダルスタイル

だすけ

ちなみに自分の父もほぼ年中サンダルを履いています。
理由を聞くまでもないですね。
確実に遺伝でしょう。

夏であれば海にそのまま行けますし、なんなら旅行時も荷物が増えても良いからスニーカーとは別にサンダルを持って行きたいくらい、季節を問わずサンダルの履き心地は最高だと思っています。

以前はクロックスがメインでしたが、

”クロックスを長年履き続けると足の軸芯が定まらず歩行困難になる危険性がある”

と言うことを、Twitter(X)で整体師の方が呟いていたのを機に、サンダルに履き替えました。

クロックスは履きやすくてよかったんですが、エスカレーターや車の運転でも危険と言われています。

繰り返しますが、サンダルは本当に気軽。

ノースフェイスの大きいロゴが気になる方は。無印良品のサンダルがシンプルで良いかもしれません。

【休日】NEW BALANCE ML574

次に紹介するのは『NEW BALANCE ML574』。

標準サイズの2Eブラックカラー(EE2)の組み合わせになります。

NEW BALANCEのスニーカーは、本当に履きやすくサンダルを普段履きにしていてもお気に入りです。

使用頻度はサンダルに劣るものの、サンダルが履けない状況の時や、旅行時などをメインに履いています。

値段は1万円前後しますが、1日中歩いても疲れづらいのがおすすめポイント。

【休日・冬用】THE NORTH FACE ヌプシ チャッカ

続いては、『THE NORTH FACE ヌプシ チャッカ』

お伝えしている通り雪国で暮らしているので、積雪が多い日はこの靴の出番が回ってきます。

10cm以上積もると流石にNEW BALANCEのスニーカーでは足元が濡れてしまうんですよね。

その点、THE NORTH FACのヌプシ チャッカは、防水性と保温性に優れていて、簡単に履くことができ蒸れを感じづらいのがおすすめポイント。

現行品はモデルチェンジをしたのか、現行品はダウンジャケット見たいな素材感になっていますね。

ザ・ノース・フェイス THE NORTH FACE メンズ ブーツ ヌプシ チャッカ Nuptse Chukka TNFブラック×TNFブラック NF02273 KK
だすけ

冬用を持っていても寒い日でも、雪さえ積らなければサンダルです。

【冠婚葬祭】革靴(メーカー不明)

冠婚葬祭時に履く革靴。

使用する機会は滅多に来ないものの、なんだかんだで10年以上所有していますね。

ちなみに、他のミニマリストさんの靴事情を見ると、冠婚葬祭用とは別に革靴を持っている方が意外と多い印象。

おしゃれとしての革靴は、現在スニーカーで十分と考えているので、自分はまだ革靴はいいかなという考えです。

【ジム用】NIKE METOCON 9 フライイーズ

最後に紹介するのはジム用に使っている『NIKE METOCON 9』

こちらも履きやすいのが魅力で、ジム用のシューズを探している時に見つけました。

NIKEのシューズはものによっては自分で好きなカラーをオーダーできるのも魅力。

メトコン3を長いこと履いてましたが、2023年11月にメトコン9を購入しジム用シューズをリニューアルしました。

3から9に買い換えただけあって機能が比べ物にならないくらい進歩していました。

下記記事でも解説しています

 

少ない靴で生活するコツや靴選びのポイントは?

上の項目では自分の所有している靴を5足、紹介させていただきました。

自分自身の経験から少ない靴で生活するコツを4つ紹介します。

少ない靴で生活するコツや靴選びのポイントは?
  • ライフスタイルから選ぶ
  • 1年以上履いていない靴は捨てる
  • シンプルな色を選ぶ
  • 素材や機能性で選ぶ

ライフスタイルから選ぶ

気になる人

ミニマリストを目指しているなら何足も必要でしょうか?

という「所有する数」に対する意見もあるのではないかと思いますが、大事なのは自身のライフスタイルに合わせることではないでしょうか?

1足で充分な人もいれば、同じスニーカーを3足毎日ローテーションする人もいるのです。

また、自分のように雪国住まいだったりすると、環境に対して靴が必要になる場合も。

その人にとってのベストな靴の数は変わってくるのではないかと考えています。

1年以上履いていない靴は捨てる

次に、1年以上履いていない靴は捨てることです。

服でも同じことが当てはまりますが、まずは使っていない靴をすべて手放すことです。

コレクターでもないのに持っていても仕方がありません。

ムカデと違って人の足は2本のみです。

1年を通して一度も履かなかったのであれば、この先その靴を履きたいと思うことはありません

ただ、冬に使うマフラーのように時期が限定されるけど履く予定があるものは、この限りではありません。

履いても気分が上がらないような靴は、すべて処分してしまいましょう。

シンプルな色を選ぶ

基本的には、シンプルな色の靴を選ぶのが無難だと考えています。

『黒色を中心としたモノトーンの色』あたりが何にでも合わせやすいですね。

あまりに派手な色合いだと組み合わせが限定されてしまいます。

それに黒であれば、汚れや傷も目立たなくなるのがおすすめ。

王道なブランドの定番カラーをもてば充分です。

素材や機能性で選ぶ

ブランドも当然大事ですが、しっかりと機能性も見て靴を選ぶのも大事です。

注目したいポイントは?

  • 蒸れづらいか?
  • 履きやすさは?
  • 歩きやすさは?
  • 疲れにくさは?
  • メンテナンスのしやすさは?
  • 靴の重量などは?
だすけ

冠婚葬祭用に使う革靴は別ですが、そんな自分のこだわりに合致したのが今回紹介した靴たちだったのです。

最後に

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

『【足元からシンプルに】30代ミニマリスト志望男の靴は4足のみ!』について紹介させていただきました。

まとめると…

現在愛用している靴は…

  • 通勤・休日】THE NORTH FACE サンダル
  • 【休日】NEW BALANCE ML574
  • 【休日・冬用】THE NORTH FACE ヌプシ チャッカ
  • 【冠婚葬祭】革靴(メーカー不明)
  • 【ジム用】NIKE METOCON 9

少ない靴で生活するコツや靴選びのポイントは?

  • ライフスタイルから選ぶ
  • 1年以上履いていない靴は捨てる
  • シンプルな色を選ぶ
  • 素材や機能性で選ぶ

今回紹介したのはこの数となりました。

数や種類、季節もの、何が自分にとって最適なのか?は今後変わる可能性が充分にあります。

厳選した自分のお気に入りの靴で生活することで、足元から毎日が楽しくなるようにしていきましょう。

以上になります。

ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

シンプルライフを目指しているだすけです。

「今の世の中を少しでも気楽に生きたい。」

このブログではその目標に向かって、自身もミニマリズム、副業、投資、筋トレ、地元の事など色々と学びながら発信していきたいと思います!

誰かのちょっとした手助けになれると幸いです。

目次