筋トレシューズにはNIKEのメトコン9がおすすめ【中級者以上やBIG3もOK】

当ページのリンクには広告が含まれています。

だすけ

どうも、だすけ(@dasuke_182)です。

筋トレシューズを探しているんだけど、NIKEのメトコンシリーズって筋トレに向いているの?

今回は、そんな方へ向けた記事となっています。

筋トレ界隈で、おすすめシューズとして紹介されることの多いNIKEのメトコン。

ですが、都心部やNIKEショップは実物が置いていますが、特に地方ではなかなか置いていない所もあり、実際に試し履きをする機会にはなかなか恵まれません。

ネットでは購入できますが、少し迷ってしまいますよね。

そこで、7年以上メトコンを愛用している筆者が、今回メトコンを新調したのを機に、履き心地や気に入ってる点などをレビューします。

筋トレシューズ選びに悩んでいる方に向け、本記事では以下のことを紹介します。

この記事を読んでわかること
  • NIKEメトコン9の特徴
  • NIKEメトコン9の気に入った点・気になった点

それでは紹介していきます。

目次

NIKE メトコンシリーズの特徴

筆者が所有しているのはメトコン9のフライイーズバージョン

NIKEから販売されているMeton(メトコン)は“Metabolic Conditioning”を略した、トレーニングシューズになります。

毎年新モデルが発売されるiPhoneのようにアップデートをしながら、現在はメトコン9まで販売されています。

だすけ

6年ほどメトコン3を履いてきましたが、新調したメトコン9はだいぶ進化していました。

全体的に筋トレ重視の印象

履き比べた感じは、以前履いていたメトコン3がランニングシューズよりの印象ですが、メトコン9はかなりゴツいデザインになり、バッシュみたいな印象を感じました。

ジム用トレーニングシューズという立ち位置だけあって、ウェイトリフティングを行うような筋トレ重視のシューズといえます。

ウォーキングする分には問題はないですが、ランニングシューズとしても使いたいと考えている場合は、ランニング用のシューズを別途購入した方が無難と言えます。

履き心地は?

履き心地は全体がしっかりして非常に履きやすく、蒸れるのが嫌で実はスニーカーを履くのが苦手な筆者が、長時間履き続けていても快適さを感じます。

また、クッション性も高く足元も安定するため、高重量の筋トレも難なくできます。

後でまた紹介しますが、フライイーズというバージョンのものだと踵履きを簡単にできるので着脱性が格段に高いです。

クッション性が高くも底部分も厚め

インナーソールも厚めになっています

サイズ感は?

普段履いている自身のシューズと同じサイズ感で大丈夫かと感じています。

ちなみにですが、筆者の普段履いている足のサイズは26.0cmです。

とはいえ、やはり「現物を直接履いて確かめたい!」という方でしたら、取り扱っているショップに出向くのが一番かと思います。

自分好みのカラーを自由にカスタムオーダー可能

NIKE公式では、自由にカラーをカスタマイズし、自分だけのメトコン9をカスタムオーダー可能なナイキ メトコン9 By youという商品ラインナップがあります。

HPやNIKEショップからオーダー可能となっており、在庫次第の通常のラインナップと比べ、3週間ほどで手に入ります。

だすけ

以前履いていたメトコン3も、自由なカラーカスタマイズ性に惹かれオーダーしました。

何から何まで黒色に統一にしたり、逆にド派手にカラフルにしたりとカスタマイズ性は抜群。

ウェアと合わせコーディネートの幅が広がり、ジムに通うのにより気分が高まりますね。

肝心の値段は¥18,700と、通常のメトコンよりも少し値が張るものの、『世界に一足だけ』という特別感を考えれば、妥当な値段と言えるかもしれません。

NIKE メトコン9 気に入った点・おすすめポイント

ここでは、NIKE メトコン9の気に入った点やおすすめポイントを解説したいと思います。

気に入った点・おすすめポイントは3つ。

気に入った点やおすすめポイント
  • 足元が安定する作りなのでBIG3も安心してできる
  • 踵を踏んで履くことが出来るフライイーズが素晴らしい
  • タン部分についているマジックテープがGOOD

それぞれ紹介していきます。

足元が安定する作りなのでBIG3も安心してできる

さきほど紹介した通り、靴全体がゴツく、マッシブなデザインになりました。

繰り返しますが、クッションが高く足元全体が安定するので高重量のBIG3も問題なし。

靴も滑りづらく、接地性も高いのでしっかり踏ん張ることができます。

特にスクワットなど体全体を使うトレーニングでは以前よりもフォームが安定するようになり、高重量でも安心でき集中してトレーニングの臨めます。

タン部分についているマジックテープがGOOD

シュータン部分にマジックテープがついており、靴紐をまとめたり、解けてばらけるのを予防するのに一役買ってくれます。

靴紐がばらけて、再度結び直すのって地味にストレスを感じますよね。

それでも解ける時は解けますが(笑)このマジックテープがついているおかげで、小さなストレスも感じにくくなりました。

だすけ

NIKE社の細かい気配りが伺えるポイントです。

踵を踏んで履くことが出来るフライイーズが素晴らしい

メトコン9には踵履きしやすいフライイーズというバージョンも存在します。

フライイーズは、ヒール部分にVの字を横にした形状記憶合金のような働きをするプラスチックのパーツがついているのが特徴。

靴べら使用しなくてもそのまま足を靴の中に入れることで、ヒール部分が折り畳まれ、履いたら自然に戻ってくるという仕組みになっており、ものすごく靴の着脱が簡単となっています。

ついつい踵履きしがちなユーザーにとって、すごくありがたいラインナップです。

だすけ

実際店舗で試し履きをして感動し、フライイーズの方を購入しました。

一般的な靴では、踵履きを繰り返しているとだんだんヒール部分が劣化して靴自体もヘタってきますが、このフライイーズのおかげで、靴自体の劣化を多少は遅らせられるのでは無いかと見込んでいます。

NIKE メトコン9 気になった点

NIKE メトコン9で唯一気になった点は、靴の内側のデザインです。

靴底(アウトソール)が大きく取られ、内部まで伸びているデザインのため、少し格好悪く見えてしまいます。

外側では、せっかくのNIKEのロゴも隠れてしまいます。

前のシリーズであるメトコン8とでは、またデザインが違ったため、実際に筆者もどちらを購入するか迷ってしまった部分でもありました。

ですが、このデザインのおかげで筋トレ時の足元は確実に安定しますし、実際に履いていると対して気になりません。

NIKE メトコン9 購入はどこがおすすめ?

メトコン9はどこで購入できるかをお伝えしたいと思います。

結論から言うと、以下の2つになります。

NIKE SHOPで購入

NIKE ショップであれば公式ということもあり、安心して購入できるかと思います。

HPもあるので都市部にしかない実店舗だけでなく、ネットでも大丈夫ですね。

上記でも伝えたように、自由にカラーをカスタマイズできるので自分だけのメトコンをオーダーすることも可能です。

ネットショップ

次にネットショップ。

ただ、Amazonや楽天やYahooショッピングでは、海外からの配送が絡んでいるのか通常の2倍、3倍ととんでも無い値段になっているので、正直言っておすすめはできません。

その反面、ゼビオスポーツやABCマートのようなネットストアで取扱があるので、ポイント目的などで通販を利用の場合は、正規以上の値段になっていないか注意しつつ購入を検討するのがベストかと思われます。

まとめ|NIKE メトコン9 はおすすめのアイテム

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

『【中級者以上やBIG3もOK】筋トレシューズにはNIKEのメトコン9がおすすめ【レビュー】』と題し、NIKEのメトコン9について紹介させていただきました。

メトコン9をおさらい

特徴は

  • 全体的に筋トレ重視より
  • 吐きやすく履き心地は快適
  • サイズ感は普段履いているものと同じでOK
  • 自分好みのカラーを自由にカスタムオーダー可能

気に入った点やおすすめポイントは

  • 足元が安定する作りなのでBIG3も安心してできる
  • 踵を踏んで履くことが出来るフライイーズが素晴らしい
  • タン部分についているマジックテープがGOOD

メトコンを新調したことにより、足元全体の接地性がさらに上がり、筋トレが捗るようになりました。

筋トレシューズ選びに迷っている方が、本記事を読んだことで少しでも参考になることを祈っております。

また筋トレに関しては、以下の記事もおすすめです。

以上になります。

読んでいただきありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

シンプルライフを目指しているだすけです。

「今の世の中を少しでも気楽に生きたい。」

このブログではその目標に向かって、自身もミニマリズム、副業、投資、筋トレ、地元の事など色々と学びながら発信していきたいと思います!

誰かのちょっとした手助けになれると幸いです。

目次